シルク織物
未来学校へようこそ!
五泉織物工業協同組合
2時間目 
謎ワード「オ・モ・メ・
ハ・ブ・タ・エ」を追え!
わからないから
とりあえず
筋トレ
してみま
ご、ゴウくん、
先生はそんな
君が大好きだ
よ!!!
- ヒントは、「五泉の美しい水」...? -
五泉のシルク織物は地元五泉でも「見えにくい産業」なんだ、ということがよくわかったね!
はい!
よくわかりました!私、「見えにくい」を「見えやすい」にしたいです。
いずみちゃん、もはや、やる気いっぱいだね!
フューチャースクールに通ってない友だちにもこのホームページをたくさん見てもらえるように呼びかけてね!
そうすれば、おりものの人たちも、とっても喜ぶよ!!
織りたろう先生がそう言うなら・・・
わたし、SNSでカクサンします!
先生、早く本題へ!
「オモメハブタエ」ってなんなんですか?!!
僕、絹織物の織り方のひとつの「ハブタエ」なら知ってます!
ゴウくん、
ハブタエを知ってるなんてファンタスティック!!!

そう、ハブタエは漢字にすると「羽二重」。
漢字になったらイメージは少しわくかな??!
私、いまググってみました!
ツヤッツヤの、これでしょ!!!
いずみちゃん...!!!?
(すごいドヤ顔だけど...)このスクールではググると停学なんだよ、知ってるだろう?!そんな罪を犯してまで...
先生ごめんなさい!!
停学を覚悟で、私、どうしても手っ取り早く「ハブタエ」を知りたかったんです...
先生、いずみちゃんがこれ以上罪を「ハブタエ」のように重ねないように...
ぼくがすぐ説明します!!
ゴウくん、ありがとう、ぼくはいずみちゃんがググらないように監視しているよ!
「ハブタエ(羽二重)」は、先生が着ている黒紋付の生地にもなっている、すき間なくぎゅっと織られた、平織りの生地です!
ゴウくん、大正解だ!!!

ハブタエ(羽二重)の組織図はこうだ!
タテ糸とヨコ糸がびっちり詰まって 織られてる!!!
(この図、ピンクでかわいい〜♪)
ピンクは萌え〜〜〜だよね!

そして、組織図の見立てもバッチリだよ!

このハブタエ(羽二重)は、織りの基本のキ、「平織り」でできているんだ。
基本のキなら、五泉じゃなくても...
どこでもやってることなんじゃないですか?

いずみチャンいい視点デス!!!
なぜゴセンがハブタエで選ばれてきたのか...

必殺技....
そう!
「ヌレヨコ」と言う技があるカラデス

ヌレヨコ?!
なんですかソレは!校長!!
これデス!
ぜんっぜんわかりません
(だよね...)

ぼくが説明しましょう!

ヌレヨコは漢字で書くと「濡れ緯」って書くんだ。
そこから読み解くと「緯」は「緯度」の緯。「よこ」って言う意味だ。

ヌレヨコは、
「よこ糸を濡らして織る」技
なんだ。
それで糸を濡らしている動画なんですね!
その通りだよ、ゴウくん!

五泉のハブタエ(羽二重)は、平織りのよこ糸になる糸を、濡らしてから織るんだ。

濡らしたよこ糸で織ると、
となりあうよこ糸どうしが水でくっつくから、ビチッ!ギューー!!!っと、密度の高い生地になるんだ。イメージはこれ↓
((わかりやすくするために色分けしているけ
ど、本当は全部まっしろな糸だよ))
織りたろう先生、私、やすやすとググってしまって...
なんてバカなことをしてしまったの!!
インターネット検索ではわからない真実が、ここにあるというのに!!

パソコンで見るより、手にこうして取った五泉のハブタエ(羽二重)は、こんなにも美しく・・・そ、そして重い・・・?!
そうか!!!!!わかった!
ヌレヨコの技でぎゅっと密度の濃い生地
になるから、
生地が重くなるんだ!

シルク校長先生!!
これでようやく謎がとけました...

スッキリ解決して、さらに筋トレに励むことができます!
でも、
オモメハブタエ(重め羽二重)はなんで、
五泉で発展したんだろ...
いずみちゃん、いい視点だよ!

ソレはね、
五泉の水が「鉄分が少ない」と言われているからなんだ!!

鉄分が少ないから、
長時間、糸を水に浸していても茶色くならないんだ!

いずみチャン...

アナタのシルクへの思いが
トテモ伝わりました。。。
テイガクは今回は許シまショウ...!

ありがとうございます!!!
シルク校長先生!!!
いずみちゃん、フューチャースクールではこれからもググったりせず、
正々堂々とリアルを追求していこうね!
うん、ゴウくん!
私、目が覚めたわ!リアルに生きてく!!!


3時間目
Coming Soon!!!!
どんどん
シルクに
詳しくなろう!
ゴセンのヌレヨコ 「ゴセンのヌレヨコは
色白美人のオンリーワン?!」


ジツは...ヌレヨコという技術は、ゴセンだけのモノではアリマセン。
しかし、「五泉のオモメハブタエが美しい」と言われる理由の大きな理由ハ、撚糸(糸をねじって束ねて太くする)をシナイことにアルのデス!!

細い何本かのシルクをキレイな水の吸着力で1本の糸のヨウにミセテ、一本イッポンの糸のカガヤキを引き出すから、ゴセンのハブタエ(羽二重)は色もビビッドに染まり、ウツクシイのデス!